医療レーザー脱毛で永久脱毛するまでの痛み

レーザー脱毛と針脱毛

レーザー脱毛は1998年くらいから日本に普及し始めた方法で、まだ新しいから過渡期とも言えるかもしれませんね。日進月歩で技術は進んでいるようです。レーザー脱毛が登場するまでは、永久脱毛の方法と言えば電気針脱毛でした。これは針を各毛穴に1本づつ刺して、電気を流すという方法で、効果はレーザー脱毛よりあるそうなんですが、痛みは相当強かったみたいです。そりゃあそうでしょう。痛いに決まってますよね。レーザー脱毛はそれに比べたら、痛みが少ないようなんですが。

痛みの少ない機器も続々と

医療レーザー脱毛といったら、痛いものってことになっていますが、最近は痛みを抑えることのできる装置も開発されてきてるようです。考えたらまだ20年も経っていないんですものね。技術はどんどん進歩しているようです。レーザーを照射した直後に冷やすことのできる装置っていうのもよさそうですね。やけどしたときって、とりあえずは冷やすわけですからいい方法なんでしょうね。出力が低くても十分な効果が得られる器械も出てきているようです。

毛の再生能力を奪うパワー

毛の再生能力というのは非常に強いものですから、そう簡単にその能力はなくならないんでしょうね。ある程度のことをしないと、永久脱毛に至るのはとても無理なんでしょう。レーザー脱毛では、熱で毛根を焼き切ってそれをおこなっているわけで、痛むのは当然なんだろうと思います。しかし、電気針脱毛よりはずいぶん楽になったとはいえ、痛くないに越したことはありません。痛みに配慮した装置がもっと普及し、技術もさらに進歩していってほしいものです。

医療脱毛を新宿をしてもらった後にすぐに強い日差しを浴びてしまうと肌のトラブルの原因となるので注意が必要になります。