加圧トレーニングの利点と欠点!効率良く加圧して鍛えよう!

加圧トレーニングって何?筋肉を勘違いさせる方法!

加圧トレーニングとは、腕や足の付け根を伸縮性のゴムチューブやベルトで縛り、血液の流れを滞らせた状態で軽いトレーニングを行う方法です。血流が滞ったままトレーニングを行うと血液中の酸素が少なくなり、これを筋肉が負荷がかかっていると思い込みます。すると普段使わない筋肉まで稼働することになるので、効率良く全ての筋肉を鍛えることが出来るのです。実際には少ない付加しかかけていませんが、成長ホルモンも大きい負荷をかけた時と同じ量が分泌されています。

加圧トレーニングにメリット!通常より効率的?

通常のトレーニングだと疲れやすくなったり持久力がなかったりと続かないことがありますが、加圧トレーニングには多くのメリットがあります。要は筋肉を勘違いさせてトレーニングを行うわけですが、もちろん加圧トレーニングを行っている最中もキツイと感じられますよね。しかし、実際は筋肉が高い負荷をかけられていると勘違いしているだけなので、軽い負荷で疲労も溜まりにくくなります。これが高重量なのにトレーニングが続けられることに繋がるので、筋力と持久力を同時に鍛えることが出来るのです。

加圧トレーニングの欠点!負荷のかけ過ぎに注意!

加圧トレーニングはメリットばかりですが、圧力を加えているので細かく気を配らなければなりません。あまり加圧しすぎたり長時間トレーニングを行ったりすると静脈血栓や皮下出血などの症状が現れることがあります。代用出来るもおがあれば自宅でも手軽に出来るものですが、効果が上がると思って圧力を上げるのは危険です。まだ確かなトレーニング方法として確立されていないので、安全にトレーニングしたいのであれば専門家の指導のもとでトレーニングを行った方が良いでしょう。

加圧トレーニングなら横浜で探しましょう。専門トレーナーの元で加圧トレーニングができるジムがたくさんあります。