自分でするお手入方法

肌に負担をかけない方法

自分でするムダ毛のお手入れにはいくつかの方法があります。家庭用脱毛器を使用する方法、そのほかにもシェーバーや毛抜き、クリームやムースなどさまざまな方法があります。1番肌に負担をかけないのは脱毛器を利用することです。サロンと同じ毛の根に直接アプローチする光を使用しているので、痛みが少なくストレスを感じることもありません。ただ毛が抜け始めるのは光を当てて10日から14日くらいの間になります。その場で効果を実感できないのが難点です。

念入りにお手入れする

シェーバーを使用する方法は痛みを感じることなく脱毛できるのがメリットですが、数日後すぐに毛が生えてきてしまうのがデメリットです。剃っては生えて剃っては生えの繰り返しになります。剃るたびに肌に負担をかけてしまうので、ダメージも大きいと言えます。剃ったあとは保湿性の高いローションやクリームを使ったお手入れが必要です。クリームやムースは毛を溶かします。比較的肌への負担は少なくなりますが、毛根から除去する方法ではないのですぐに毛が生えてきます。

毛の生えている方向に抜く

毛抜きを使用する脱毛方法は1番お金をかけずに済みます。この方法はお風呂上がり毛穴にが開いている状態でおこなうのがポイントです。ただ、毛根から毛を除去するので、人によって強烈な痛みを感ることがあります。肌を傷めてしまうのもこの方法の難点です。毛根からうまく抜かないと、途中で切れてそのまま中で毛が埋まってしまうこともあります。抜くときは毛の生えている方向にゆっくり抜くことを意識します。脱毛後はシェーバーと同じように保湿させることが肝心です。

医療脱毛を東京で希望しているなら、各サロンの情報収集が決め手となります。カウンセリングを念入りに行っているサロンなら信頼できます。